トラブルの原因と予防

遺品整理のトラブルに巻き込まれそうな時は

身内や親戚が亡くなったあとに、思わぬトラブルに巻き込まれるケースが見受けられます。
その発端となるのは遺品整理です。
故人の遺品の中に価値があるものが残された時に、遺族同士で争いに発展することがあります。
そのような問題を避けるためにも、あらかじめ信頼できる弁護士に同席してもらいましょう。
故人が遺言書を残していたならば、弁護士の手によって開封されることが望ましいとされています。
宝石や証券など、稀少性が高い上に高額な遺品は、公正に分けられるように、弁護士におまかせすることをおすすめします。
そのためにも、遺品整理のトラブルに詳しい弁護士を探す必要があります。
実際に依頼した人たちによる口コミサイトを閲覧して、納得できる弁護士に遺品整理の相談をしましょう。
トラブルを回避するためにも、あらかじめ調べておくことが大切です。
弁護士事務所のホームページには、得意な案件が記されていますから、とても参考になります。

遺品整理の依頼でトラブルが発生する原因と予防について

故人の遺品整理は短時間で効率的に行うために専門知識を持つ清掃業者に依頼するケースが増加しています。
生活様式の多様化に伴い、故人が所有していた物品の整理や処分に時間を割くことが難しくなったことから業者へ依頼する件数が増えている原因ですが、思い出の品や財産分与などに関わる物品を誤って処分してしまうトラブルが生じてしまうケースも存在します。
効率的な作業が遂行できる専門業者であっても第三者の遺品整理については必要な物品の選別が難しいことから、トラブルを防ぐためには必ず親族による立会いや事前の打ち合わせを行います。
特に思い出の品は故人と関わりが無い人には区別がつかないので注意が必要です。
また、地域によってはごみの分別が厳しく分けられている所もあるため、安易に纏めて処分することもトラブルに繋がります。
業者に遺品整理を依頼する際は故人に関することだけではなく、地域のごみ処分の方法や分別の基準なども併せて確認しておくことが大切です。

pickup

最終更新日:2017/5/31