ゴミ屋敷の遺品整理

ゴミ屋敷の遺品整理に直面したら

最近は、自宅を片付けられないゴミ屋敷が大きな社会問題となっています。
また、一人暮らしの高齢者が増加していることから、亡くなったあとに遺品整理に直面して、途方に暮れるケースも増えています。
そのような状況では、もはや自力で解決することは不可能ですから、ただちに専門の業者に依頼する必要があります。
ハウスクリーニング業者や便利屋が適切ですから、ホームページを調べて、担当エリアに該当しているかどうかをチェックしましょう。
尚、ゴミ屋敷の遺品整理を行う場合、高額な費用が発生する可能性もあります。
正式に依頼する前に、必ず見積書の作成をお願いすべきです。
見積は無料ですから、費用に関する心配はありません。
サービスに関する詳細を知ることもできます。
家電や家具など、大きな遺品も引き受けますので、何でも相談することができます。
また、評判を知りたい時は、口コミサイトを閲覧して、スタッフの対応や料金について調べるとよいでしょう。

ゴミ屋敷の居住者の遺品整理を行う際の注意点

ゴミ屋敷は居住者が大量のゴミを自宅の敷地内に溜めこんでいる状態を指します。
自分の生活の中で生じたゴミだけではなく、他人が捨てたゴミを集めて溜めこんでいるケースも多いことから、入居者が故人になった際の遺品整理は混乱する可能性がある点を注意する必要があります。
ゴミ屋敷は様々な種類のゴミが雑多に放置されていることから、分別作業に時間がかかる傾向があります。
特に家庭ゴミの分別を徹底している地域では僅かな異物混入を防ぐために作業が長期化しやすくなります。
故人の遺品がゴミに紛れていることが多いので、遺品整理を行う際には作業後のトラブルを防ぐために必ず故人の関係者と入念な打ち合わせを行います。
場合によっては関係者が立ち会いの元で遺品整理を行うことになるので注意が必要です。
ゴミ屋敷は生ゴミが腐敗して悪臭や可燃性のガスが発生していることがあるので、整理作業は安全を重視して慎重に行うように心がけることが作業に従事する者の務めです。

Valuable information

最終更新日:2015/11/19